多くの女性が通っているジムではこんなトレーニングができる

体を温めて健康効果

ヨガ

痩せやすい体質に

ホットヨガが注目されています。ホットヨガとは、通常のヨガとやることは変わらないのですが、サウナのように室温と湿度が高い場所で行うヨガのことです。室温は39度から30度、湿度は55%から65%の場所です。このような場所で行うので、発汗が促され、デトックス効果が得られます。また体を温めることで血流がよくなり、冷えやむくみを改善する効果が期待できます。継続して続けることで、痩せやすい体質に導かれます。ホットヨガのおすすめの頻度は、週に2〜3日といわれています。健康、美容効果を得るには、継続して行うことが大切です。また、ホットヨガは自宅で行うことは難しいため、通いやすいスタジオを選ぶことも継続して行うポイントとなります。

美肌効果もあり

ホットヨガを行うことで、痩せやすい体質に導かれる効果が期待できますが、その他にも大量の発汗を促すことで美肌効果も期待できます。肌トラブルが起こる理由には、老廃物が溜まっているということがあります。発汗が毛穴の汚れを排出し、血行が良くなることで新陳代謝をアップさせ、栄養を体中にいきわたらせます。冷えが改善されたり、ヨガの体操によって内臓の位置、骨盤の位置が整うことで、便秘が解消されることもあります。便秘は肌荒れの原因ともなるので、便秘の解消は美肌にもつながるというわけなのです。その他、血流の改善やヨガの体操により、肩こりや腰痛の改善も期待できます。ホットヨガは、体を温めながらヨガのポーズをとることで、さまざまな健康、美容効果が得られるメリットがあります。